▼▼▼▼▼

 

ページ最下部のコメントフォームからコメントして、特典を受け取ってください!

 

▼▼▼▼▼

 

 

講師のなつみ先生ってどんな人?

 

 

 

講師のなつみ先生とは・・・

 

 

講師:石原なつみ

似顔絵ビジネスの第一人者。 
1985年生まれ。長崎生まれ。 
大分県立芸術文化短期大学卒業。 

通販での似顔絵受注数日本一の 
似顔絵なつみかんの技術開発最高責任者。 
ブランドで贈った似顔絵数 100,000枚以上
似顔絵師育成人数 1,000人以上

【取引件数】
年間似顔絵数 1万件(これまでの累計似顔絵数 8万件
年間イベント開催数 500回(これまでの累計開催数 1700回

高校卒業後直ぐ渡米し、3か月ワシントンでの暮らしを通して芸術の視野を広げる。 
翌年、韓国へ留学し絵の道に進む決心を固める。 
帰国後就職し3年半会社人として社会人経験を積むと同時に入学資金を貯蓄。 

大分県立芸術文化短期大学社会人特別推薦で入学。 
グラフィック、プロダクト、エディトリアル、Web、あらゆるデザインと美術知識を自由に身につけられる環境で、 似顔絵ビジネスに必要な技術と知識を吸収。 
在学中も通販サイトよりご注文の似顔絵を制作。 

2010年、似顔絵通販サイト『似顔絵なつみかん』開設。九州の福岡に事務所を構える。 
短大卒業の2012年、株式会社WILFATHとして法人登記。 
会社設立後1年間363日ほぼ毎日、朝から通しで似顔絵制作に没頭。 
この6年間でアシスタント1名、2名、3名~20名と増員し育成していった。 

現在ではギフト商材として年間1万件以上の受注数、 イベント事業として年間500回以上の開催数となる似顔絵の大型会社として成長。 
全国雑誌anan(アンアン)、関東雑誌Poco’ce(ポコチェ)に掲載される。

 

「Nigaoe+」監修・石原夏実プロフィール

2015年、東京の渋谷に支店を構える為渋谷へ移住し、 技術者から一転開拓の為自ら営業の第一線で活躍しイベント事業拡販を実現。 更なる事業拡大の為、育成プログラムを発足。


似顔絵ギフト商材日本一のビジネス法と技術開発力のノウハウを、 『育成』という形で世の中に提供し、新しいクリエイティブなビジネスに挑戦を続ける。

 

以上、講師なつみ先生の紹介と実績でした。

 

本企画では、なつみ先生がこれまで培った経験や知見を惜しみなくお伝えしますので、どうぞ最後まで楽しんでくださいね!

 

 

 

 

▼▼▼▼▼▼▼

コメントはこちらからお願いします!

 

【コメントテーマ】

①1話を視聴して一番「気づき」になったことを教えてください

②「やってみたいな」と思ったことを教えてください

 

コメントしたら、LINEで「1話のコメントしました!」とメッセージください✨

特典をお渡しさせていただきます💕

 

 

コメントはこちらから!

お名前(LINEネーム推奨)

CAPTCHA


みんなのコメント

  1. みちょぱ より:

    副業に活用できるサイトがこんなに沢山あるのは知りませんでした。。正直、似顔絵のイメージは露店で描いているイベント販売のイメージだったのですが、意外にも今時のYouTubeサムネやアイコンなどにも適用できる事が、確かに需要あるなあと納得しました。

  2. 佐和子 より:

    子供がまだ小さく、家にいながら仕事が出来る方法を探している中こちらのセミナーを知りました。
    昔から絵が好きで、できれば絵を描く仕事がしたいと思っていたので、今こんなにサービスがあるなんて本当に驚きでした。
    手描きの絵って需要があるんですね。。。!!!
    ただ全くの未経験なので、どんな風にできるのかまではイメージが出来ていません。
    なので、今そういった働き方をされている方のお話等が聞けるととても嬉しいです。

  3. りんご より:

    メルカリやココナラ等聞いたことはあったのですが、こんなに活用の幅が広かったとは、、!!
    絵を描くことは得意ではないのですが、とっても大好きなので、もっと絵の世界を知りたくなりました✨

  4. *MOE* より:

    知らない言葉やサイトがいっぱい出てきてびっくりです(*’▽’)!!
    似顔絵ってこんなに色んなことが出来るんですね✨
    自分だったら何をやるかな~とわくわくしちゃいました(*´ω`*)

  5. たえりん より:

    ①よくよく考えれば世の中、イラストはあちらこちらに描かれていて、上手で綺麗なイラストだけとは限らないなぁと思いました。確かに需要はあるのかなぁと思います。

    ②子供の頃は漫画家になりたいぐらいイラストばかり描いてました。もしかしたら、コツをつかんだら、私らしい味のあるイラストが描けるのかも?何から始めたらいいのかまだ手探りだけど、今はまず紙と鉛筆持ってきて何か描いてみたくなりました。

  6. ひろこ より:

    目からウロコでした!!
    時代の流れに完全に置いてかれてるのを実感…
    私のまわりには絵心がある人間が多いので、教えてあげたいと思いました。

  7. Hiro より:

    副業として片手間よりももっと真剣に取り組み、本業にしたいと思いました。

  8. ハッピーハッピー より:

    もしかしたら自分にも出来るかもしれない、という希望が出て来ました。
    次の動画が楽しみです。

  9. かこかこ より:

    見ていたらワクワクしてきました。
    もしかしたら私にも出来るかも〜!

  10. 智子 より:

    今、妊活中で何か好きなことを仕事にできないか。
    自宅で子育ての間にできる仕事はないかを探していたら似顔絵を書いて仕事にできるということですごく魅力的でした。
    昔から絵を描くことが好きでちょこちょこ書いていたのでいいなと思いました。
    凄く魅力のあるお仕事だと思いました。

  11. ちあ より:

    小さい頃、絵を描くのが好きな子供でした。中学生で美術部に入り、ポスター制作では入賞経験があるものの、水彩画の写生で周りとの差を痛感し、挫折感を味わい、そこで絵を描く人生は止まってしまいました。
    でも、大人になっても、またいつか絵を描きたいという気持ちは片隅にありました。似顔絵にも興味があるので、とても興味深いです。

  12. 智子 より:

    凄く勉強になりました。
    参考に絵を描こうと思います。